口臭は病気のサイン?臭いで分かる病気の違い

口臭の原因は殆どの場合、口内から発生していると言われています。特に虫歯や歯周病によって嫌な臭いが出てしまっているケースは珍しくなく、これらの症状を持っている場合ですと卵の腐ったような、あるいは生ごみのような臭いが出てしまうことがあります。しかしながらきちんと治療を行うことで改善ができる症状でもありますし、口臭が気になる時には歯科で診察を受けてみるのが良いと言えるでしょう。
しかし口臭の原因は病気が元になっている可能性もあり、虫歯や歯周病などが原因と思い込んでいたものの、実はその他の病気が原因になっていたということも考えられるのです。
関連のある病気としては肺ガンをはじめ、肺結核、肺腫、気管支拡張症が挙げられます。呼吸器系に問題がある場合は肉の腐ったような臭いがすることがあります。
消化器系に問題を抱えている場合も同様の症状が起こり得ます。関係する病気としては胃ガン、食道気管支瘻、食道ヘルニアなどです。
他にも耳鼻咽喉系の場合も同様の少々が発生し、扁桃炎をはじめ、咽頭膿瘍、咽頭ガン、副鼻腔炎・副鼻腔ガンの可能性があります。
肝硬変や肝臓ガンといった肝機能に問題がある場合も口臭が出ることがあり、これらが原因の場合はアンモニア臭がします。
腎機能障害も発生原因のひとつです。腎機能を低下させる腎不全といった症状がある場合も、アンモニア臭や魚の腐ったような腐敗臭がすることがあります。
糖尿病の場合も注意が必要で、この病気の場合はリンゴが腐ったような甘酸っぱい口臭を発生させます。
カンジタ汗腺の場合も独特の焦げた口臭が出ることがあり、咽頭や気管支、肺がカンジタに感染することで発生し得ます。
トリメチルアミン尿症という先天的な原因や後天的な肝機能の低下などが原因による病気も発生原因で、魚の腐ったような口臭が出ます。
このように病的な症状によって口臭が強くなってしまうことがありますが、虫歯などによる口臭と違って自覚をしていないことが多いです。また、なかなか人に指摘してもらうことができないデリケートな問題でもありますので、気付かない内に病気になっており臭いも強くなっていることがあるのです。ただ、こうした臭いがするからといって自己判断をしてはいけません。
なお、口臭はその他にも生活習慣やストレス、喫煙などが原因になって起こり得る症状でもあり、そういった部分を改善することによって消臭ができることもありますので、原因を生み出す生活を送っていないか確認してみることも大切です。

タバコを吸った後の口臭を消すにはコレ!

タバコを吸っている人の口臭は、吸っていない人からしてみると、かなり強烈なにおいであるといえます。しかし同じようにタバコを吸っていても口臭がほとんど気にならないという人もいます。タバコを吸った後の口臭を消すためには、どのような方法をとればよいのでしょうか。
まず一つ目の方法としては、水分補給を行うということが挙げられます。タバコを吸うとニコチンの血管収縮作用により唾液の分泌が減少します。大気の分泌が減少することによって乾いていた口内を、水分補給をすることによってうるおすことができるのです。これにより大気の分泌も促され口内の細菌の増殖を抑えることができるので、口臭を抑えることにつながります。水分補給行う際には糖分が含まれていない水やお茶にしましょう。糖分が含まれているものを水分補給に利用すると、虫歯の原因になりさらに口臭を強めてしまう可能性があります。特にコーヒーは、コーヒー自体が口臭の原因となるので、二つのにおいが混ざり合い強烈なものとなってしまいます。
次に口臭を消す方法として、深呼吸をすることが挙げられます。タバコを吸った後も5分から10分ほどの間は肺の中に煙が残っています。そのためそのあいだも少しずつ煙が漏れているということになります。そこで喫煙後はしばらくのあいだ深呼吸をしましょう。肺の中に残っている煙をなくすことで口臭を抑えることにつながります。
そして舌を磨くという方法もよい方法です。タバコを吸うと舌の表面にはたくさんのタールが付着します。そこで舌を磨くことでタールを取り除くことができ、口臭を抑えることができます。舌を磨く場合には専用のクリーナーを使用すると良いでしょう。ドラッグストアなどで購入することができ200円から300円ほどで購入することができます。専用のクリーナーがない場合には、柔らかいガーゼなどの布を使用し、舌の表面をやさしくふき取ると良いでしょう。歯ブラシを使って舌の表面をごしごしと磨いている人もいるかと思いますが、舌の表面には味を感じる器官がたくさん存在してしまいます。歯ブラシで強くこすることで、この器官を傷つけてしまう可能性もあります。味覚障害にもつながる可能性もあるので、ハブラシでこするのはやめた方がよいでしょう。
そして基本的な方法として歯磨きが挙げられます。喫煙後に歯磨きをすることが最も効果的な口臭対策であるといえます。歯磨きをすることで口内に付着したタールをしっかりと除去することができるので、タバコ特有の臭いをしっかりと取り除くことができるでしょう。

歯石をとって口臭を解消!

生活をする上で欠かせないのが食事です。食事はその時々によって様々なものを摂取します。食事を摂ると口で咀嚼しますから、口の中に食事が残ってしまいます。それが歯石となって残ってしまうのです。
歯石が残りますと、その歯石が口臭の原因となる場合があります。口臭の原因となるのは、歯石が残ることによって引き起こされる歯周病や歯槽膿漏です。
歯周病は、歯の周りに食べた物の粕(歯垢)が付着して口の中で細菌が繁殖し、その細菌の感染によって引き起こされる炎症性の疾患です。歯と歯肉の間の掃除が行き届かない状態が続くと、その部分に多くの細菌が繁殖し、歯肉の辺りが赤く腫れたような状態になります。その状態を放置しておくと、歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の隙間が広く深くなっていき、歯を支えている歯槽骨と呼ばれる土台の部分が溶けていきます。そうなりますと、土台が揺らいできて歯が動くようになり、酷い状態になれば抜歯をしなければならない状態となります。そして口臭が酷くなっていきます。歯周病を防ぐということは、口臭を防ぐということになるのです。ですから、普段から歯をしっかりと磨き、歯間ブラシで歯垢を除去し、清潔に保っておく必要があるのです。また、定期的に歯科医院に行って歯垢除去をしてもらうのが良いでしょう。清潔な状態を保っていますと、歯周病にもなりにくいですし、口臭を抑えることが出来ます。
もう一つの口臭の原因としては、歯槽膿漏が挙げられます。歯槽膿漏も歯垢が歯に残った状態を放置しておくとかかる疾患です。歯肉や歯槽骨といった歯の土台となる部分が歯肉の辺りから崩れていく疾患のことです。最初は歯肉の炎症から始まります。そして、歯槽骨が徐々に無くなっていき、土台となる部分が不安定になりますので歯が動くようになります。そして末期の状態となれば歯を抜歯しなければならなくなります。この歯槽膿漏も、強烈な口臭を放つこととなります。それを防ぐには、普段からしっかりと歯を磨き、歯間ブラシなどを用いて歯垢が残らないようにして常に歯を清潔な状態に保っておく必要があります。また、歯科医院での定期的な歯垢除去も同時に行っておく必要があるでしょう。自分で歯を磨くだけ、もしくは歯科医院で歯垢を除去してもらうだけ、というのではなく、その両方を行うことが大切です。
口臭の原因となる歯周病や歯槽膿漏は、未然に防ぐことが出来る歯の疾患です。ですから、日常から歯石の除去を怠らないようにすることが大切なのです。

口臭は胃の不調からくる!臭いの原因となる胃の症状

口臭というと、食事によりついた匂いや虫歯などによって発生するイメージがありますが、実は胃の不調から生じる可能性もあります。そのため、食事に気をつけたり虫歯や歯周病がないのにいつも口臭が気になるという場合は一度、診察を受けることをおすすめします。では、胃の不調というと具体的にどのような症状があるのでしょうか。実は口臭自体が病気の症状を表している場合があります。
まず、胃炎や胃潰瘍の場合、食べ物の消化機能が低下しているため、消化不良を起こしやすくなっています。すると消化の遅れた内容物が発酵をしてしまいます。すると口から腐敗臭のような匂いがしてしまうのです。そのためひどい腹痛や吐き気、胸焼けや腐敗臭のような口臭がする場合はこのような病気を持っている可能性があります。そして十二指腸潰瘍の場合も腐敗臭が生じる可能性があります。これは消化不良によって生じた匂いが血流によって肺に運ばれ、そこから匂いが生じてしまうのです。この病気の口臭の特徴としては卵の腐ったような匂いがします。そのため空腹時にひどい腹痛を感じる場合はこの病気の可能性があります。このような場合、ストレスや香辛料の強い刺激物を食べると症状が悪化する可能性があります。なるべく消化しやすいものを食べて、ストレスを溜め込まないことが必要です。そして最近多いのが逆流性食道炎です。これは胃酸が逆流してしまう症状で、胃酸自体に酸っぱい酸味があります。そのため、逆流性食道炎の方は酸の影響により、酸っぱい刺激臭がする場合があります。このような場合は食生活を改善すると共にストレスを溜めないことが必要です。そして、口臭の原因としてもう1つ考えられるのが胃がんです。この病気は進行するまで発見するのが難しく、気付いた時にはかなり進行してしまっている場合があります。そんな病気の症状として挙げられるのが腹痛、胸焼け、きつい口臭です。この口臭の原因は血流と共に肺に匂いが運ばれ、生じるのですが、匂いは人によって異なります。腐敗臭のような匂いがする方もいればきつい匂いが出る方もいます。このように口臭は病気によって生じている場合もあります。
このようなことから、もしきつい口臭と共にひどい腹痛や胸焼けなどを抱えているのであれば、消化器官の病気かもしれません。そのため、歯科治療やサプリなど、何をしても匂いが改善されない場合は一度、医師に診察してもらうことをおすすめします。

口臭対策サプリの利用もいいでしょう。

耳にカビが生える!?症状の治療と予防方法

耳垢をきれいに掃除するようにしておかなければ臭いの原因になってしまうことがあります。
耳垢は定期的に掃除して取るようにし清潔を保てるようにしましょう。
取り方としては、綿棒や耳かきを使用した方法が一般的です。
自分でうまく取れない人は、家族にお願いしたり、耳鼻科に行ってとってもらってもいいでしょう。
自分で取る場合には、出来るだけお風呂上りに取ることです。
耳かきを使用して取る場合には、綿棒よりも耳を傷つけやすくなりますので、慣れていない人は使わない方がいいでしょう。
自分で取り方に慣れてきたのであれば、使いやすい方を使って耳垢をとるといいですが、慣れていないうちにいきなり耳かきを使うのは危険ですので、無理はしないようにしなくてはなりません。
お風呂上りであれば、耳垢がふやけていますので、普段よりもきれいに取りやすくなります。
無理に取ろうとしてしまえば、痛みを感じるだけではなく耳を傷つけてしまうことになりますので、お風呂上りに取るのがコツです。
綿棒を使って取るのであれば、まずは耳の中にそっと入れるようにします。
その際には耳に触れないようにまっすぐに入れるようにしましょう。
入れる深さとしては、入り口から一センチ以上入れないのがポイントです。
あまり深く入れすぎてしまえば鼓膜を破るようなことになってもいけませんので、奥までは入れないようにしなくてはなりません。
綿棒をいれたら優しく皮膚をなぞる感じで綿棒を回転させながら耳垢を取るようにしましょう。
つい力を入れてしまいがちになりますが、力を抜いてそっと行うのがポイントです。
耳かきをすれば耳の中がすっきりとしますので、たびたび行いたいと思うものですが、あまり頻度を多くしてはいけません。
頻度が増えることによって、皮膚が傷つきやすくなり、逆に耳垢が増えてしまうこともありますので、頻度には気をつけなくてはなりません。
理想的なのは、二週間から1カ月に一度程度にとどめておくといいでしょう。
取り方が悪ければ、逆に耳垢を耳の奥に追いやってしまうことがあります。
それでは余計に取りづらくなってしまいますので、気をつけて行わなくてはなりません。
耳かきを行った後に、耳が聞こえづらくなったり、出血などがあるときには耳鼻科に行って確認をしてもらった方がいいでしょう。
何か病気が隠れていてもいけませんし、傷をつけたことが原因になっているかもしれませんので、病院で確認してもらうことです。